2010/10/30

キャリア・アンカー / エドガー H. シャイン 金井壽宏


キャリア・アンカー」を読みました。

きっかけは、現在受講しているグロービスのクラスの参考図書に本書が取り上げられていたこと、この分野への理解をもっと深めたいと思ったことです。

本書はMIT(マサチューセッツ工科大学)スローン経営大学院の教授であるエドガー・シャインが書いた本を、組織行動学・キャリア論で有名な金井先生が日本語に翻訳したものです。

読んだ動機
2つあります。

1 自分のため
自分のキャリア設計、キャリア実践をより良く行うために、自分の軸を知りたい。

2 周りの人たちとの協働のため
周りの人たちがどういうキャリア観、キャリアに対するニーズを持っているのかを把握した上で、より良い形で影響を与え合える人間になりたい。そのために、まずはキャリア観の分類フレームワークを知りたい。

目次
はしがき
第1章 序
第2章 キャリア指向質問票
第3章 キャリア発達
第4章 キャリア・アンカーという概念の展開
第5章 キャリア・アンカー・インタビュー
第6章 実践に活かすために
参考文献
あとがき
「はじめに」と第1章がイントロ。第2章に質問票があり、自分のキャリア指向をチェックすることができます。続く第3章でキャリア・アンカーの根底にある「キャリアの全体像」についての考え方が説明され、第4章で本章の核であるキャリア・アンカーについての詳しい説明が展開されます。第6章はまとめです。

本書の背景

エドガー・シャインは、個人の「内部からの要請」と「外部からの要請」の両方をなるべく正しく認識することがキャリアを築く上で大切であるとした上で、前者を「キャリア・アンカー」、後者を「キャリア・サバイバル」と名付けました。

■キャリア・アンカー
仕事の内容や場、働き方に影響を与える、個人の価値観やニーズ。内的要請。

■キャリア・サバイバル
仕事の内容と場、働き方に影響を与える、組織や環境のニーズ。外的要請。

※「キャリア・アンカー」と「キャリア・サバイバル」、それそれが一冊の本になっています。

本書のエッセンス

本書では、「キャリア・アンカー」の定義と意義について解説した後、膨大な調査の結果から得られた「8つのキャリア・アンカーのパターン」を紹介しています。また、読者が自分が8つのパターンのどれに当てはまるのかを特定するための具体的なツール(質問票)も掲載されています。

キャリア・アンカーの定義
仕事選びにおいて重要となる個人の価値観やニーズ。
あなたのキャリア・アンカーとは、あなたがどうしても犠牲にしたくない、またあなたのほんとうの自己を象徴する、コンピタンスや動機、価値観について、自分が認識していることが複合的に組み合わさったものです。

キャリア・アンカーを知る意義
個人にとっての意義…
より納得し、充実した仕事とライフスタイルを得ることができる。
自分のアンカーを知っていないと、外部から与えられる刺激誘因(訳注:報酬や肩書きなど)の誘惑を受けてしまって、後になってから不満を感じるような就職や転職をしてしまうこともあります。「これだとほんとうの自分らしくない」と転職をしてしまうこともあるのです。このような状況を避けるために、この冊子のなかの質問票とインタビューが役に立つはずです。
あなたが現在どのような仕事、どのようなキャリアについていたとしても、仕事に対する指向、動機、価値観、そして才能についての自覚をより明瞭に理解しておけば、キャリアにまつわる将来の意思決定は、もっと容易になり、より納得のいくものとなるでしょう。

組織にとっての意義…
成員一人ひとりとの適切な接し方がわかる。

8つのキャリア・アンカーパターン
次の8つ。
1.専門・職能別コンピタンス
2.全般管理コンピタンス
3.自律・独立
4.保障・安定
5.起業家的創造性
6.奉仕・社会貢献
7.純粋な挑戦
8.生活様式
※各内容を詳しく知りたい方は、ぜひ本書を読んでください。

ちなみに英語ではそれぞれ次のとおりです。
1. Technical/Functional Competence
2. General Managerial Competence
3. Autonomy/Independence
4. Security/Stability
5. Entrepreneurial Creativity
6. Service/Dedication to a Cause
7. Pure Challenge
8. Lifestyle

私の場合は、一番上で述べた目的2を達成する第一歩として、この8つのパターン(キャリア観フレームワーク)を丸覚えしたいと思います。……覚え方としては、
「隙間じゃ、包丁、きらい(すき・ま・じ・あ・ほう・ちょう・き・らい)」。
すき … スキル(1)
ま  … マネジメント(2)
じ  … 自由(3)
あ  … 安定(4)
ほう … 奉仕(6)
ちょう… 挑戦(7)
き  … 起業家的創造性(5)
らい … ライフスタイル(8)
「隙間じゃ、包丁、きらい」という言葉に特に意味はなくって、あくまでも覚えるための略語(アクロニム)。「鳴くよウグイス平安京」的なものです。丸暗記だけしてもしょうがありませんが、まず覚えないことには始まらないので。。

私の場合のキャリア・アンカー

ちなみに、私のキャリア・アンカーを点数の高いものから順に並べると次のようになりました。
1.奉仕・社会貢献
2.純粋な挑戦
3.生活様式
4.専門・職能別コンピタンス
これらとは逆に、「マネジメント」や「安定」、「起業家的創造性」の点数はあまり高くなかったので、これらに対する欲求は低いないようです。

個人的に意外だったのは、「マネジメント」や「起業家的創造性」に対する欲求が高くないという結果です。「安定」については求めていない自覚があったので納得だったのですが、ここは意外でした。
でも、この結果が出てから数日考えてみたら、、ものすごく納得できました。自分のキャリア上、「マネジメント」や「起業」が方法として将来的に必ず要ると思っているので興味はあるものの、それが「最終的にやりたいことか?」と問われると、答えはNOです。それらは私にとってはあくまでも「方法」だということに改めて気づくことができました。

感想

自分のことは自分が一番わかってるつもりが、これまでは言葉で説明しろと言われるとなかなかうまく説明することができませんでした。

本書を読んだことで、今後は「私はタイプとしてはこのあたりにいるらしい」という程度には説明することができるようになりました。

自分を枠にはめるためではなく、解放し、最大限に伸ばすために、こういう類の本を読むのは良いと思いました。

また、根拠のない血液型性格判断とは違って、調査と熟考を通して行う人間をパターン分類(フレームワーク)は、強い組織を作るためにも、良いコミュニケーションをするためにも有効だと思います。

こんな方におすすめ
・自分のキャリアの軸を固めたい
・周りの人たちをより深く理解しその潜在力を引き出したい

おまけ
Wikipediaにもキャリア・アンカーのページがありました。
キャリア・アンカー - Wikipedia



2010/10/17

ツイッター情報収集術 / 増田真樹

ツイッター情報収集術」を読みました。

ふと立ち寄った本屋で中身をパラパラっと見て、衝動買い。……でしたが、結論から言うと、良かった!です。


目次
本書の内容は次のとおり。
Chapter 1 基礎編 Twitterの概要と総論
Chapter 2 初級編 Twitterの使い方・活かし方
Chapter 3 中級偏 インフラ特性を最大限に活用
Chapter 4 上級編 Twitterを知的ビジネスツールに
Chapter 5 管理・活用編 情報をマネジメントする
Chapter 6 Tips編 Twitterを楽しむ



良かったところ
基本構成は「見開き2ページにつき1ページ」で、小見出しも効果的に使ってあるため、知ってるところは読み飛ばしつつ短時間でサッと読むことができました

内容としては、「ツイッターって何?」というそもそものところから始まり、基本的な用語の説明・楽しみ方、応用的な使い方、さらなる発展形と、ステップバイステップで丁寧に説明してあり、とてもわかりやすい&ためになりました(ウェブで細切れの情報を収集し少しずつツイッターへの理解を深めるよりも、断然早いです)。

他のTwitter関連本とのちがいは、タイトルにもあるとおり「情報収集」という側面でのtipsが厚いことでしょうか(個人的にはここがツボでした。そもそもツイッターをコミュニケーションやアピールだけでなく、情報収集にも使うという発想自体がありませんでした……)。

また、ツイッターとの連携サービスやフォローするのにおすすめなアカウントも紹介されており、こちらも非常に便利。


改善できるところ
・「情報収集」という切り口自体がユニークなので、他の使い方(コミュニケーションやアピール)との比較マップ(≒ポジショニングマップ)のようなものがあるとよりこの本の位置づけがわかりやすかったのではないかと思います。


その他感想
「ハサミは使いよう」とは言いますが、ツイッターの価値も本当に「使いよう次第」ということがこの本でよくわかりました。
この本のおかげで、先端を行く人たちから何周か遅れて、、今やっと「ツイッターってすごい!」となっています。本当に、すごいことができる時代ですね。。


こんな人におすすめ
ツイッターに興味はあるけど、いまひとつ初心者の域を出られない(楽しめていない)(今回の私のような)人。特に「ツイッターで情報収集をする」ということに興味のある方にとっては値段以上の価値は十分にあるかと思います。





おまけ
著者の増田さんの公式アカウント。
増田 真樹 (maskin) on Twitter
maskinさんのプロフィール : livedoor プロフィール
*{metamix}+ - ライブドアブログ

2010/10/13

創造と変革の志士たちへ / 堀義人


グロービス(GLOBIS)の学長堀義人さんの「創造と変革の志士たちへ」を読みました。

グロービスに行くのを検討している中で、その理念や教育への考え方を知りたいと思い、読みました。グロービスの教育方針と、そのもとになった堀さん個人の考え方、バックグラウンドを知ることができました。

堀さんがハーバード・ビジネス・スクールを卒業した後日本に帰国し、グロービスを設立したのが30歳。そして、学生満足度No.1のビジネススクールを作り上げるまで、わずか20年弱。。。本当に猛烈な勢いで生きている方のようです。実際の仕事ぶりを知るわけではありませんが、この本を読むかぎりではその生き方や志に感動し、感化されました。「こういう人と一緒に仕事をしたいなぁ」と純粋に思うような人です。僕自身も堀さんみたいに生きたいと思いました。それが本書から得た一番の収穫です。


目次
グロービスの教育理念に掲げられている「創造と変革の志士」、「能力開発」、「志」、「人的ネットワーク」という言葉について、各1章を割きながら丁寧に説明してあります。
はじめに
序章 創造と変革の志士たちへ
第1章 能力開発――何を学ぶか、いかに学ぶか
第2章 志――自らの使命を追求する、強い意志を持つために
第3章 人的ネットワーク――「創造と変革」を生み出す場を作る
第4章 創造と変革――新たなる挑戦へと一歩、踏み出すために
第5章 志士――「創造と変革」を担う人に求められるマインド
おわりに


感想
単に「能力開発」をするだけの場ではなく、「人的ネットワーク」を作るだけの場でもない、人間の総合的なチカラを高めるための場所として、グロービスは作られているみたいです。「能力開発だけ」「心を磨くだけ」という場はよくありがちですが、あくまで実践的能力を高めながら、同時に志も磨く、というグロービスのような場はなかなかないように思います。魅力的。


印象的だったのは「おわりに」の中の一節。個人的に共感するところがたくさんあります。生き方の参考に。。

起業自体はあくまでも手段であった。目的は、新たな社会のダイナミズムを作ることである。

起業家として、壮大なプロジェクトに多くの仲間と向かっていくのは、非常に楽しいことである。

教育そのものより、人に興味があった(中略)
能力が高い人や、人間的魅力がある人、何かを作る力を持っている人に接したとき、彼らがどうしてそういう力を得たのかを観察するのが、昔から好きだった。(中略)
環境を含めた教育が、非常に大きな要素を占めるということに気づき始めた。

HBSでは、本当に良い教育が実践されていた。そういったHBSに匹敵する機会、いや、さらに良い機会を作りたい。そんな願望が芽生え、教育の仕組みに強い興味を持つようになったのだ。

言うなれば、教育に携わっているのも、創造と変革を生み出すための手段でしかないのかもしれない。結果として多くの人の目が輝き、ハッピーな生き方ができるような環境を作ること。それがグロービスのミッションだと思っている。



高いビジョンを忘れず、人を中心に考えて、バランス感を持って生きる。そんな生き方がしたいなぁ。大いに刺激になりました。がんばろ。





おまけ
堀さんのtwitterはこちら。
堀義人 (YoshitoHori) on Twitter

2010/10/06

実践するドラッカー[思考編] / 上田惇生監修・佐藤等編著 2回目



実践するドラッカー[思考編]」を読みました。前回書いたときは、本書の前半「知識労働者として働く」「成長するために」というところからピックアップをしたので、今度は後半を行きたいと思います。


ピックアップ
1
貢献に焦点を合わせることによって、自らの狭い専門やスキルや部門ではなく、組織全体の成果に注意を向けるようになる。成果が存在する唯一の場所である外の世界に注意を向ける。
(ドラッカー)

今やどこの企業もがスローガンとして掲げる「顧客志向」「顧客主義」ということを「貢献」という言葉で説明しています。最終的に価値が生まれるところを意識すると俯瞰した視点が持てる、とのことです。最近読んだ日本マクドナルドの社長原田泳幸さんと糸井重里さんの対談記事にこう書かれていました。
「誰がそのお金をくれたのか?
 社長じゃないよ、お客様だよ」
そこをきちんと認識させることを
まず最初に社員へのメッセージにしましたね。

社長自らが具体的な「カタチ」に落とし込んでこういうメッセージを社内に発信することが大切みたいです。なるほど。

2
対人関係の能力をもつことによってよい人間関係がもてるわけではない。自らの仕事や他との関係において、貢献に焦点を合わせることによってよい人間関係がもてる。
(ドラッカー)
メンバーの仲がよくても、職場が和気あいあいとしていても、成果に焦点が合っていない組織は衰退の道をたどります。
(解説)

「居心地のいい職場」「仲が良い職場」というのはそうでないよりは断然いいものですが、ビジネスを行う組織はそれだけで十分ではありません。ここにおいても「貢献」がポイントとのことです。

3
あまり先を見てはならない。貢献のためのプランを明確かつ具体的なものにするには、長くてもせいぜい一年半を対象期間とするのが妥当である
(ドラッカー)

明確で具体的なプランを作るなら、一年半くらいをめどにしよう、とのことです。ドラッカーがこう言うくらいなので、私の場合はせいぜい数か月から一年くらいで考えるのがよさそうです。。

4
指紋のように自らに固有の強みを発揮しなければ成果をあげることはできない。なすべきは自らがもっていないものではなく、自らが持っているものを使って成果をあげることである。
(ドラッカー)

なるほど。。「ひたすら目の前のことに一生懸命」だけではなく、きちんと強みを明確にして磨かないと。。

5
並の分野での能力の向上に無駄な時間を使うことをやめることである。強みに集中すべきである。無能を並みの水準にするためには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーを必要とする。
(ドラッカー)

……できないことが気になる私には、、耳が痛い言葉です。
個人の強みを活かし、伸ばしたいというマネジメント意識がある組織で働くことが大切ですね。私自身もそういう組織を作れる人間になりたいと思います。

6
自己の適所を知るのは、20代半ばをかなり過ぎてからである。やがて自己の強みがわかってくる。自己の仕事の仕方もわかってくる。自己の価値観もわかってくる。したがって、得るべき所も明らかとなる。
(ドラッカー)
ドラッカー教授は、最初の職場は賭けだといいます。自分の強みなどは、仕事を経験してみないとわからないからです。
強みや仕事の仕方、価値観などは、仕事の経験を積めば積むほど鮮明になっていくので、それに伴って得るべきところもわかってきます。
(解説)

このあたりは、実際に長いキャリアを積んで振り返ってみないとわからないところなのかなと思います。20代から30代前半にかけては、まず自分の強み、価値観を鮮明にするために仕事に没頭するということが必要なのかもしれません。

7
最高のキャリアは、あらかじめ計画して手にできるものではない。自らの強み、仕事の仕方、価値観を知り、機会をつかむ用意をした者だけが手にできる
(ドラッカー)

最高のキャリアを計画的に必ず手に入れる術というのはないけれど、それを手に入れるためには少なくとも、自らの強みと仕事の仕方、価値観を明確にしておくことが必要とのことです。

8
成果をあげる人は最も重要なことから始め、しかも一時に一つのことしかしない。
(ドラッカー)
真に取り組むべき価値あることを選ぶことに、しっかり時間をかける必要があります。妥協して、あるいは中途半端に決めて、間違った方向に走り出すことは避けなければなりません。(中略)
目指すべき成果が正しく絞り込まれていれば、焦る必要はありません。思い続け、行動し続けるのみです。
(解説)

あれもこれもと欲張るのではなく、「自分にとって最も重要なこと」をひとつに決め、それに全力で取り組むことが大切だ、とドラッカーは言っています。……とはいえ、情報とエンタテイメントにあふれた今日、「ひとつのことに集中する」というのは本当に難しいことになりました。。ボーッとテレビや動画サイトを見てるだけで、結構充実した時間を過ごせてしまうというのは一方では素晴らしいことですが、もう一方では(使い方に気をつけないと)本当に怖いものです。コツコツ、ひとつずつやれるようになりたいものです。

…以上です。


感想
ドラッカーはまさに「王道」的なことを言っていて新鮮味は無いのですが、非常にわかりやすく、奥深いことを言っています。ついつい繰り返し読みたくなります。この本を読んで、ドラッカーについて、さらに深掘りしたくなりました。

2010/10/04

獄中記 / 佐藤優



佐藤優氏の「獄中記」を読みました。3年ほど前に勢いで買ったものの難しさのあまり途中で挫折していたのを改めて読み、読了。


佐藤優氏の「獄中記」とは
鈴木宗男氏とともに逮捕された元・外務省の主任分析官佐藤優氏が拘置所暮らしの中で綴ったメモ・手紙集。拘置所で暮らした約500日の間に書いた文章、大学ノート62冊分(=原稿用紙5,200枚分)。それをコンパクトにまとめて1冊の本として出版したもの。500日という期間のうちに、1)裁判に対応をしつつ、2)学術書を250冊読み、3)原稿用紙5,200枚を書いた、といいます。。それを実行する精神力と思考力たるや。。こんな人いるんですね。。


目次
序章
第1章 塀の中に落ちて
第2章 公判開始
第3章 獄舎から見た国家
第4章 塀の中の日常
第5章 神と人間をめぐる施策
第6章 出獄まで
終章
付録
獄中読書リスト


学んだこと
本書に書かれている政治や外交、神学の専門的なことについては、背景知識が乏しいため残念ながらわかりませんでした。。そんな中で本書から私が学んだのは次の3つのことです。

■全体の情勢と自分の役割を認識するということの大切さ
自分の視点ではなく、国家の視点、他国の視点、他者の視点から全体の情勢を認識するということ。また、自分の感情はいったん脇に置いておいて、あくまでも全体観と論理とで自分の位置づけと担うべき役割を認識しようとする姿勢

■勉強し続けることの大切さ
当たり前のことですが、、勉強しただけ思索が深まる。「20歳越えたら語学はもうムリかな」なんて甘い考えを持っていましたが、そんなこと考えてるうちに勉強してる人はしてるな、と。とやかく言わずに目指す方向に向けて、勉強しよう。。

■自分で考えることの大切さ
本をただ読むだけでなく、自分なりに「こういうことだろう」と自分の言葉で理解すること。複数の事象、意見を統合して自分なりの○○観を持つこと。本はあくまでも「他人の意見」であり、自分の考えと行動の質と量を上げるための道具でしかないと位置づけること。


佐藤氏が直面している政治や外交の話は、私のような一ビジネスパーソンにはちょっと縁遠いかな、、と思えてしまう話題ですが、その姿勢や考え方には学ぶべきところがたくさんあると思いました。


こんな人におすすめ
最近何かで良い成果を出すことができたが、現状に満足せずさらに次のステージに行きたいと思っている方。「自分は結構やれてる方かなぁ」とあぐらをかいてしまいそうな自分を戒めたい方。刺激を受けること間違いなしです。